幼稚園の名前書き。おすすめの方法(アイロンネーム、テプラ、黒や紺の靴下には白ペン)


幼稚園や保育園に入園して最初の保護者の仕事には、園で使うクレヨンなどのグッズや制服、上履きなどの名前書きや名前付けがあります。

すでに我が家は子供二人幼稚園入園しましたので、それを振り返って、面倒な名前つけ、名前書きを用途、種類別にどういうやり方でやったか、今回は紹介していきますよ。

ちなみに、お名前スタンプは使っていません。手書きです。

アイロンネームにそのつど油性ペンで名前書いてアイロンで圧着、という方法で済ませてしまいました。

では、それぞれのやり方、方法を書いていきます。

上履きや服などは油性ペンで手書き

一番準備がいらず、手軽なのが、普通に油性ペンで手書きする、というやり方。

上履きとかハンカチとか、ちょっとした布ものでも、文房具でも、わりとなんでも書けるし、朝、「そうだあれに名前書いてない!」と気づいても即書ける。

原始的だけど、油性マジック手書きはとても使えるので、油性マジック、油性ペンは多めに買っておいてすぐ使えるように常備しています。

服は、アイロンネームで名前付けすることもあるのですが、その時々で油性ペンの手書きと併用しています。

ゼブラ 油性ペン マッキー 極細 黒

Amazon>>

楽天市場>>

我が家はキッチンのペンたてなど要所要所にいつも常備してますよ。

制服やお弁当袋、手提げ袋などの布ものの名前つけにはシンプルなアイロンネーム!

アイロンネームにも色々飾りがついていたり、かわいいのも売ってたり、また、名前付きを発注すると名前が印刷?されたものを購入することもできますね。

そういうオーダーしたものも便利そうなんですが、大きさが同じなので、大きめに書きたいとき、小さめにしたいときに汎用性がなかったり、数注文しても余ったりするかもしれないし、ということで私は、シンプルなデザインのアイロンネームを買ってそのつど油性ペンで名前書いてアイロンでつける、というやり方で乗り切りました。

アイロン名前テープ(生成おなまえテープCP)

楽天市場 生地副資材 生成おなまえテープCP 【メール便可】

なんだかんだシンプルな方法が私にとっては楽チンでしたよ。

黒や紺(ネイビー)の靴下、靴には白ペンで名前書き

名前を書くことを前提にすると、黒やネイビーの靴下とか、靴はあんまり買わないほうがよいのですが、うっかり買っちゃうこともありますよね。

そんな時のために、我が家ではシャチハタの布用お名前マーカーを用意しました。

他にも似た商品がありますが、ネットで口コミを吟味してこちらの商品にしました。

名前書き

これ、使用感は修正ペンみたいなかんじ。

ペンをよく振って、ペンの先をいらない紙などに押し付けて、インクがスムーズにでる状態にしてから布に書いていきます。

名前書き

ちょっとこれは拡大してるので太いですが、普通の細身油性ペンよりはやや太めの線になりますが、まあ、1センチ角の大きさの名前は書けます

今は黒い服とか靴下とかなくても、一本持っとくといざというとき便利ですよ。

あとこの白ペンの注意点としては、保管時は横向きに置くこと。

そうしないと、いざ使うときにすぐにインクがでてきません。

シヤチハタ 布用おなまえマーカー 白

Amazon>> 楽天市場>>

くれよんやマーカーペン、文房具には、テプラ

我が家にはもともとテプラがあったので、くれよんなど細かいものの名前つけはテプラを使っていました。

手書きだと小さい文字は見にくかったり、また、油性ペンで書いたものだと後から名前が消えてしまったりして書き直しの手間がでてくるのですが、テプラならそこまで注意しなくていいのもいいところ。

幼稚園の出欠のノートとかもテプラ使ってました。

テプラのいいところは、文字がきれいで誰でも読みやすいこと!

テプラ、一家ににひとつあると便利です。

キングジム ラベルライター テプラPRO SR150RP

Amazon>> 楽天市場>>

まとめ

幼稚園の名前つけ、本当にたくさんあって細かいし正直面倒ですよね。

名前つける場所の指定も細かく決まっていたりして、親側からみると大変。

でも、小さい子たちを保育する幼稚園や保育園の先生たちが持ち物の名前の確認をするために、いちいち裏返したりひっくりかえしたりする時間とか本当に無駄だし大変だと思います。

少しでも短時間で名前確認できるように、親ができることは歩み寄っていきたいと思ってます!

我が家の幼稚園の名前書き、名前つけのポイント

名前の消えにくさ(はがれにくさ)、相手の確認しやすさ、読みやすさを重視する!

お名前スタンプは使ってないので、レビューできなくてすみません。

以上です。よかったら参考にしてくださいね。