【無印良品】足なり直角靴下「ウール入りアラン柄靴下790円」と「えらべるケーブル柄靴下390円」を比較


秋も深まり、いよいよ冬支度の季節になりました。
今回は、冬の足元の防寒対策に無印良品の靴下を使用するにあたり、足なり直角靴下「ウール入りアラン柄靴下790円」と「えらべるケーブル柄靴下390円」を両方買って履いてみた感想と比較の記事です。

さて、子供達の冬ものは西松屋などですでに準備済み。

西松屋で秋冬の子供服探し2017。5歳3歳に買ったもの、気になったもの

自分の準備は、服は昨年のものを着まわそうかと思っています。

それに、最近は建物内の温度が高くてがっつり冬服を着て厚着をしていると逆に汗ばむことも。

我が家も室内はけっこう暖かくしています。

さらに、育児中は子供の世話とかで体を動かしたり重い荷物をもったりするので、体が暑くなりがち。

服装は下半身さえ、もっといえば足元さえ温める仕様にしておけば真冬でもそれほど困りません。

真冬のガウチョパンツの下は、ユニクロ極暖と絹レギンス(ズボン下)で解決

外は寒いので、その時はダウンを着るなど、外出時は上着で調節しています。

足元は、靴をアグなど暖かい冬仕様にする手もありますが、そうすると1日の大半を過ごす室内でも対策しておかないと結局足が冷えて困るので、今年は靴下での防寒対策に力を入れてみることにしました。

靴下での防寒は、冷えとり健康法の靴下重ねばきを以前実践していてとてもおすすめなのですが、育児で忙しい今、靴下重ねばきしたり、何枚も靴下洗うのが面倒で、今の生活には合いません。

やれば体にはいいんですけどね。

なので、今年は温かそうな靴下を購入してみることにしました。

無印良品の790円と3足990円の網目模様の靴下を買ってみる

靴下は、色合いや風合いから、大好きな無印良品で購入することにしました。

冬仕様の温かみのある網目模様のタイプの靴下は、3足990円で一足390円のものと、一足単体で790円のものの2種類に絞られました。

一足790円って、けっこうなお値段です。

でも、それで冬が越せるのなら買う価値はある。

毎朝何も考えずにその靴下一枚履くだけで暖かい足元でいられるなら、コスパは悪くない。

しかし、3足990円の靴下のなかにも似たようなケーブル編み靴下がある。

なので、両方買ってみて、もし790円の方がとてもよかったら、買い足そうかと思っています。

「足なり直角ウール入りアラン柄靴下23〜25cm」を実際履いた口コミ

商品情報

無印良品靴下

画像出典
https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738775805

税込790

素材・混率 ナイロン,41%,ウール,27%,アクリル,17%,ポリエステル,13%,レーヨン,1%,ポリウレタン,1%,

私は肌は敏感なほうなので、無印良品のネットショップの口コミで「ちくちくする」という意見があったので心配していました。

そこで履いてみたところ、たしかに最初ちくちく感を感じる。

「これはだめかもしれない」と思いましたが、しばらく履いていたら気にならなくなりました。

温かさは、まだ冬でないので不明ですが、3足990円よりはたしかに温かです。

素材を確認すると、意外にウール量は少ないですけどね。

一回手洗いしたところ、色落ちがありました。

なので、洗濯するときは注意が必要です。

3足買ってしまったので、継続使用してみてからまたレビューを追加しますね。

「オーガニックコットン混足なり直角ケーブル柄靴下(婦人・えらべる)23〜25cm」を実際履いた口コミ

商品情報

無印良品

画像出典
https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738774143

税込390円 3足990円
素材・混率 綿,88%,ポリエステル,11%,ポリウレタン,1%,

見た目はほっこり温かい印象ですが、厚みはそれほどでもなく気軽に履けるかんじ。

温かさは、11月の段階では問題なく温かいです。

私は寒い日にはさらになかに、もともと持っていた冷えとり用のシルクふぁみりぃの絹100%5本指靴下を重ねばきしたりしています。

重ねばきすると、390円の靴下でも完全に冬仕様になったので、こちらの商品は今は一枚、もっと寒くなったら中に絹の靴下を仕込んで履こうかなと思いました。

肌触りが良いので、肌が敏感でウールのちくちくが苦手な方は、こちらの靴下のほうがおすすめです。

靴下はなんだかんだいって消耗品なので、寒がりでなかったり、あと冬はくつで防寒するから靴下に防寒仕様をそれほど求めない方はこっちが値段も安いしお得と思います。

春夏仕様の靴下に比べたら確実に温かいです!

足なり直角靴下「ウール入りアラン柄靴下790円」と「えらべるケーブル柄靴下390円」の比較

さて、二つを比較です。

ウール入りアラン柄靴下790円 えらべるケーブル柄靴下390円
値段  税込790円  税込390円
色落ち  1回目の洗濯で色落ちした  色落ちしたようだが気にならなかった
温かさ  一枚で温かい  一枚だと私は真冬は寒そう。下にもう一枚重ねばきするととても温かい→ぴったりのくつだと重ねばきはきついかな
耐久性  まだわからないが毛玉ができそう

追記)
→3、4回使用、洗濯でけっこう毛玉できました。

まだわからないが毛玉ができそう

追記)
→3、4回使用、洗濯では毛玉はそれほど気になりませんでした

肌触り  最初ちくちくする  なめらかでストレスなし

この二つを比較して私は、真冬を越すための靴下に、「ウール入りアラン柄靴下790円」を選びました。

ちょっとちくちくしますがいまのところ大丈夫そうなので。

慌ただしい日々なので、靴下重ねばきも面倒なもので、一枚で防寒対策が完結するほうを優先します。

また、継続使用してみての感想を追記しますね。

あと、画像も後から追加予定です。

よかったら参考になさってください。

無印良品週間前に追記

2017.11.16追記)

何度か使用、洗濯しましたが、「ウール入りアラン柄靴下790円」は毛玉できましたね〜。かわいいし温かいんですけどね。ウールのせいなのか、混毛の化繊のせいなのか。
耐久性で選ぶなら「えらべるケーブル柄靴下390円」のほうがいいと思います。

ただ、「ウール入りアラン柄靴下790円」はあたたかいです。
真冬の早朝でも気軽にベランダで洗濯物干しができそう。
毛玉をどうにかできれば温かさではこちらがおすすめですよ。

12.20追記)
ウール入りアラン柄靴下を使い続けていたら、足裏部分にかなり毛玉できました。
これはちょっとどうなのか。毛玉取り機があればいいと思います。