白髪生え始めから目立ってきた頃の対処に。ヘアマニキュア、ヘナ、カラートリートメントを比較


白髪が生え始めて目立ち始めた頃から、ヘアマニキュアを使い初め、その後、ヘナ、カラートリートメント、と、白髪対策をしてきました。

今回は、アラフォー女性の、本格的に白髪染めになる前段階での対策とこれらの比較のまとめです。

白髪染めは髪が痛む、一回はじめたらもうもどれない…というイメージがあり、なるべくその前での対策を引き伸ばしたいと試行錯誤しています。



へマニキュアの白髪染めの特徴、感想

まず最初に、ちらほらでてきた白髪対策に手をだしたのが、ブローネのヘアマニキュア

ブローネヘアマニキュア

amazon>> 楽天市場>>

出始めの頃は、白髪染めにはまだまだ早い段階でした。

ヘアマニキュアは、髪の表面のみ色がついて、表面をつやつやにコートするものです。

使い方は、乾いた髪にコームで塗りつけ、20分以上放置してから洗い流すというもの。

私の場合は、20分では染まりが悪かったので、30分くらいは放置していました。

本当に白髪の出始めの頃に使っていて、一回使うと白髪のきらきらが薄まり、目立たなくなりました。

使用の間隔は3週間ごとと説明書きにあり、だいたいそれくらいでした。

ただし、白髪の出始めならいいんですが、白髪が増えてくると徐々に染まり具合に不満がでてきました。完全に染まるというより、目立たなくなる、という見た目だったので。

また、シャンプーのたびにけっこう落ちていくので、3週間ももたなくなってきてしまって。

ただ、本格的に白髪が表面に目立ってくる前には本当に重宝しました。

ヘナの白髪染めの特徴、感想

次に、美容院で教わったヘナ。私はテンスターファインヘナを使用。

テンスターファインヘナ

amazon>> 楽天市場>>

ヘナは染まらない、とかググるとでてきたりしますが、きちんとしたやり方なら染まります。

使用間隔は3週間程度。

ヘアマニキュアよりも染まりはよかったです。また、使っていくうちに髪にハリがでてつやつやになりました。

ただし、放置時間は私の場合3時間程度、また、半身浴をしながら、とか、高めの室温にしておかないと、染まりが悪かったです。

でも、自然のもので染まりますし、3週間に一度、ヘナによるデトックス効果やトリートメント効果もあって癒されました。

しかし、3週間に一度3時間程度のひとり時間をとってそれをヘナ白髪染めに費やすのが面倒になってきまして…、あと、ヘナは草の匂いがけっこう強い。

自分はけっこう好き香りなのでいいけど周りはどうなんだろう…という気持ちがありました。

どうにか対策がないものですかねえ。

ヘナの白髪染めの詳しいレビューはこちら↓

ケミカル白髪染めを試す前に天然成分の「ファインヘナ」で白髪染めに挑戦【使い方、口コミ】

「テンスターファインヘナ」で白髪染めした経過報告。ヘナの効果は?【口コミ】

カラートリートメントの白髪染めの特徴、感想

ヘナ染めの間につなぎで使ってみようと、次にカラートリートメントに手をだしました。

テンスターヘナカラートリートメント

amazon>> 楽天市場>>

カラートリートメントは、使っていたヘナと同じテンスターのものを使っています。

カラートリートメント、なによりよかったのが、放置時間が5分でいいこと。

ただし、一回では染まらないので、シャンプーのたびに毎回シャンプー前に使用しています。

放置時間は5分と説明書きにありましたが、念のため10分程度は放置しています。

指定の2倍の時間でも10分、というのは育児中で忙しい私には助かりました。

子供とお風呂に入る前に髪につけて、そのままお風呂に入って子供達を洗ってから自分もシャンプー。

その流れで、染まっています。

カラートリートメントも回数重ねればしっかり染まります。その代わり、頭洗うたびに毎回つけてますが。

でも、他のヘアマニキュアやヘナのように、染めてからしばらくして白髪が目立ってきてるかも、と心配しなくて済むところがよかったです。

なにせ頭洗う前にほぼ毎回染めますから。

今みたいに白髪が目立つ頭頂部や表面など部分的に染めるぶんには、コスパもまずまずです。

カラートリートメントの詳しいレビューはこちら↓
ヘアカラートリートメントで白髪は染まる?お手軽な『テンスターヘナカラートリートメント』を試してみた【口コミ】

でも、カラートリートメントって気休め程度だと思って手を出してなかったんですが、こちらの商品は3回くらい使うと普通に染まります。

髪が痛みにくい成分で染めることができるし、テンスターヘナカラートリートメントの場合はヘナのトリートメント効果もあるのに匂いもないし優秀でした。

まとめ。最終的にカラートリートメントを使っています

結局、染める回数は多くても放置時間が短く、いつもの生活の流れのなかに組み込みやすいカラートリートメントを今一番愛用しています。

カラートリートメントなら、さあ染めるぞ、と意気込んで染めることメインの時間、というのを設定しなくてもハードル低く気軽に使えるので、ズボラで面倒くさがりの私に合っていました。

育児中だと、まとまった時間よりも、日々の隙間時間のほうが使いやすいので、カラートリートメントおすすめですね。

それぞれ、メリット、デメリットありますので、生活スタイルなどに合わせて使うといいと思いますよ。

また、カラートリートメント、他にもたくさんの種類がでているので、時間があるときにでも調べてみようと思います。

でも、たまたまですがテンスターのヘナカラートリートメントがけっこう好感触なので、このまま使い続けるかもしれません。

よかったら参考になさってくださいね。

関連記事

ケミカル白髪染めを試す前に天然成分の「ファインヘナ」で白髪染めに挑戦【使い方、口コミ】

「テンスターファインヘナ」で白髪染めした経過報告。ヘナの効果は?【口コミ】

ヘアカラートリートメントで白髪は染まる?お手軽な『テンスターヘナカラートリートメント』を試してみた【口コミ】

年明け、美容院に行ってヘナとヘアマニキュアの白髪染めについて教わる