チャイルドシートやベビーカーの熱中症対策!おすすめの「カンガルーの保冷・保温やわらかシート」なら冬の保温にも使える【口コミ】


夏のベビーや子供のための熱中症対策の冷却グッズは必須アイテムですね。

今回は、私が買って実際使った、チャイルドシートとベビーカーのための冷却パッド、カンガルーの保冷・保温やわらかシートをご紹介します。ベビー用の冷却シートを手作りする方もいらっしゃるようですが、専用のものは機能も安心だし使い勝手もよいです。

最近の日本の夏は、私が子供だった頃とはもう気候が全然違いますね。暑すぎる。

色々対策して暑い夏を快適に乗り切りたいですね。




ベビー、子供の【冷却、保冷シート】に求める条件

ベビーシートの冷却シートおすすめ

私がベビー用の冷却シートに求める条件は、

あたりが固くないこと

肌ざわりがよいこと

赤ちゃんにつかうので、危険がなく安全なこと

できれば冬の寒さ対策もできること

でした。

あとは、コストパフォーマンス。値段も品物に見合ったもので探しました。

そして強いていえばネットで手軽に買えること。というかここも重要。

小さい子がいて育児中だとなかなか外出が困難で、また細かい条件なども検討する余裕もなかったので、ネットで口コミが多めで評判のよいものを選びました。

「カンガルーの保冷・保温やわらかシート」を実際使った感想、おすすめポイント

こちらのおすすめポイントはなんといっても、保冷、保温ジェル袋が、冷凍しても柔らかいままなこと!

そして、冷えすぎず、温まりすぎない温度で使えるところ。

冷却した状態だと、28度以下の温度を5時間キープし、保温状態では、35度前後の適度な暖かさが5時間持続。

なので冬場に温めても熱くなりにくいです。

冬場にいくらあったか対策をしなくてはと思っても、それで低温やけどになってしまっては本末転倒。これは、もちろん親が温度を確かめて気をつけて使用するのが前提ですが、なかなかの高機能でした。

見た目もカンガルーがかわいくて、ほっこりするのもポイントでした。

また、パイル生地なので、汗をかきやすい赤ちゃんや幼児でも汗を吸うので快適に過ごせてあせも対策にもよかったです。

とりつけもひもで結ぶだけでシンプルなので、車のチャイルドシート、ベビーカーの座席、と付け替えも楽にできました。

洗濯するのも気軽にできましたね。

あまりに便利だったので、カンガルーの保冷・保温やわらかシート 抱っこひも用も追加購入しました。

抱っこ紐も、親子で密着するので、暑い日には体温の高い赤ちゃんはすぐ汗をかいてしまいます。

また、もう二人ともベビーではない現在は子供乗せ自転車にも使えるかなと。

子供乗せ自転車の座席も夏は熱くなりがちで子供の熱中症が心配。

自転車のおでかけにも、抱っこ紐用を座席に装着したり、また持ち歩いて気になる首筋とか背中とかにあてておくという使い方もできますね。

番外編。保温、冷却ジェル袋は他の用途にも使える!

さて、保温、冷却ジェル袋、こんなに高機能なので、外出だけで使うのはもったいない。

家でも体に熱がこもったときにひやしたり、また熱を出した時の体のクールダウンにも使っています。脇の下にはさんだり。

冷却では温度が28度以下できんきんに冷えすぎるわけではないので、安心して使えましたよ。

そんなこんなで、子供達が4歳、2歳の現在もかなり色々使えてます。長持ち〜。

もとはとれました。

まとめ

他の生地が冷たくなるタイプの冷却シートなども見たんですが、この暑すぎる日本の夏では保冷ジェル入りでないと不安があり、こちらを購入しました。

買ってよかったです。

他にも同じような商品があるので、それぞれ相性のよいものを選ぶといいと思いますが、私は実際使って、カンガルーの保冷・保温やわらかシートはおすすめです。

特に、中身の冷却、保温ジェルが優秀だし、カバーも専用に考えて作られているので、安心。

今回ご紹介した商品はこちら↓

色は他にも色々あります。デザインで迷われてたら、同じ商品で他にもちょっとお洒落なのもでてたのでググって見てくださいね。とにかく機能は超おすすめ。

カンガルーの保冷・保温やわらかシート

amazonはこちら>> 楽天市場はこちら>>

カンガルーの保冷・保温やわらかシート 抱っこひも用

amazonはこちら>> 楽天市場はこちら>>

その他のおすすめ育児グッズのページはこちら>>