2歳の男の子のトイレトレーニング、イヤイヤ期爆発で難航…【トイトレ】


GWがはじまりましたがいかがお過ごしですか。
我が家は基本平常運転です。

そんな憲法記念日の今日も朝から息子のトイレトレーニング。
トイレに連れて行こうとしましたが、「トイレいやだ!」と拒否され、終了…。

プレ幼稚園に通って初日からいきなり、幼稚園での男子トイレでのおしっこに成功した息子。

先生にも、

「もうオムツとれちゃいそうですね!」

なんて言われて、息子、すごい!できる子!と思って、家でもトイレトレーニングを促していたら、なんとうんちも成功して。息子もドヤ顔で。

これは、すぐにオムツとれちゃうかもー、と思っていたら、ここにきてイヤイヤがヒートアップしてきてしまいました…。

オムツ替えすら嫌がって、オムツ替えるだけでも一苦労な状態に。

がっかり。

そして、いたずらも今まで以上にひどくて、今日なんか、寝室の壁紙をびりびり剥がされてしまってげっそり。
他にも、壁の落書きとか、テーブルや柱にはシールぺたぺた貼ってるし、すっきりおしゃれな生活には程遠い生活空間です。



最近の2歳児のイヤイヤ期エピソードの数々

2歳になった頃から、自己主張がはげしくなったかなー程度だった息子のイヤイヤ期。

「これが好き!」とか、「これはいや!」とか、時と場合によって発動する程度で、全般的にはそれほど激しくもありませんでした。

というか、うちの場合は娘のイヤイヤ期がはげしかったので、息子はそんなにひどくないしおとなしいもんだなあ、と思ってました。

むしろ息子はけっこうええかっこしいなところがあって、「ルールを守ってきちんと言うことをきく自分」が好き、みたいなところがあって、よその人にも「しっかりしてますね」とよく言われるような子でした。

それがここにきて、例えば外出中に自動販売機があると、そこで「ジュースが飲みたい」と騒ぎ出し。

それを「だめ」と言って連れて帰ろうとすると、「いやー!」と泣き叫んで手がつけられなくなるようにな子になってしまいました。

他、ショッピングセンターや飲食店などにトラップのように仕込まれている、並んで設置してある「ガチャガチャ」。

あれも、見ると毎回欲しがって、「だめ」と言うと泣いて暴れて手がつけられなくなり…。
もう力も強いので、暴れる息子を抱きかかえてその場を立ち去るのも一苦労。

それにしても、あのガチャガチャの設置の仕方、例えは悪いけどアミューズメント施設のそばに寄り添うように建っている街金のATMみたいな、そんなあこぎなやり口に見えて、最近憎たらしくなってしまいました。

某回転寿司屋の順番待ちコーナーのガチャガチャコーナーとかも!

あんなの、まだ我慢を知らない子どもは欲しがるに決まってます。

話ずれましたが、小さい子は欲しいと思ってもその気持ちが持続しないので、今までは話をそらして、違う話題を持ちかけると、意外と気がそれたりしたんですが。

今は、うまく気をそらそうとしてもなかなか気がそれず、むしろ火に油をそそぐ結果に。

2歳イヤイヤ期

先日なんか、お弁当屋さんで弁当注文して出来上がりまで待っていたら、その店では子ども相手には飴をあげるシステムになってたみたいで、店員さんが「たべる?」なんて息子に言ってしまったからさあ大変。

私が「だめ」と言っても、息子がもうその飴が欲しくて欲しくて大暴れ。

2歳児に飴は、まだうちでは食べさせていません。
4歳の娘にもまだです。

この日はちょうど、2歳、4歳の子供達と私だけで、弁当屋内で息子がもう荒れ狂って、また、弁当(揚げ物だった)も出来上がるのに時間かかって息子の状態はどんどん悪化し。

帰りは交通量の多い道路のそばの歩道を歩いて帰ったのですが、抱きかかえた息子が暴れて私の腕から脱出しようともがくのをおさえつけながら、本当に冷や冷やしながらの帰宅で、疲れ果てました。

弁当屋さんには罪はないんですが、でももう二度と行くことはないでしょう…。

イヤイヤ期のトイレトレーニングっていったいどうすればいいの?

最初はスムーズに行くかと思われた息子のトイレトレーニング、暗礁に乗り上げてしまいました。

息子は、家のトイレがいやなのかもしれないなーとも思いますが、今はなんでもいやなのかもしれません。

でも、男の子用おまるを買ってもいいかもしれない、と本格的に検討しています。
それか、トイレの便器に貼るおしっこターゲットシール

試行錯誤ですね。

そして、イヤイヤ期の子へのトイレトレーニングの時の対処法をいろいろ調べてみました。
自分ひとりで孤独に考えても、何もいいアイデアが浮かびません!

そこで、イヤイヤ期の2歳児の特徴を調べて簡単にまとめてみました。

・イヤイヤ期の子は自我が強くなってくるので、親に指示されることを嫌う。
・自分で決めたい、という気持ちが強くなる。
・競争心がでてくる。

などなど…。

ただ、「トイレ行くよ!おしっこするよ!」と言って促す正攻法ではうまくいかないんですね。

難しい!!

まとめ

イヤイヤ期の子のトイレトレーニング。
いろいろ調べた工夫の方法は、
例えば

「トイレは、おやつの前にする?あとにする?」
「今日はどのパンツをはく?」のように、最初からトイレトレーニングをしない選択肢のない質問のしかたをする。

うまくいったら、好きなシールを貼る。

のように、自発的に子どもが行動している気分になるように、仕向けて行くのがいいみたい。

我が家も、いろいろ調べて、いい方向にいくといいなと思います。

余談ですが。

最近プレ幼稚園で話せるようになったママさんが、「プレに入る前からすでにトイレトレーニングはじめていて、まだうまくいっていない」ということですごく悩んでいるのを聞いて、驚愕。

え、うちなんて2歳の春スタートで、これが標準だよねーとか思ってましたが。

のんびりしすぎですか。

確かに、歩けるようになったらもうトイレトレーニングスタートさせてOKみたいですけど、私はまだまだぜんぜんあせっていなかったので、ママさんの話を聞いて、これは私のんびりしすぎたか?とどきどきしてしまいました。

でも、これから暖かくなるし、シーズンとしては最適なタイミングなはず。

これからもイヤイヤ期でトイレトレーニング以前に大変ですけど、あれやこれやで工夫してやっていきたいと思います。