産後うつの時も…私が通った子育て支援センター、子育て支援施設の種類も色々


前回

育児ストレスを貯めこむ前に、子育て支援施設なら気軽に相談も出来ますよ

で、育児ストレスを溜める前に、気軽に子育て支援施設に行ってみてはとおすすめしましたが、今回は、私が行ったことのある子育て支援施設のご紹介をしたいと思います。

我が家は上の娘の妊娠中から産後、そして2年後に息子を出産したあとに今の団地に引っ越してくるまで、なんと、一年毎に引越しをするというとんでもない数年を過ごしていました。
場所は、UR賃貸団地→夫の職場の寮→UR賃貸団地→現在の分譲団地 という順番で、私も産前産後でもあり場所がころころ変わって、心も体もついていけなくて、今思うと産後うつだったし、育児ノイローゼになっていた時期もあったと思います。

私は子育ては地域の中でしたい、という意識が強かったので、そのときそのときに住んでいた地域の子育て支援施設に通っていました。

子育て支援施設、いろいろありますが、それぞれ個性もありました。

また、施設でなくても、地域の幼稚園や保育園が地域の子供達のために園庭を開放したり、子育て支援事業をしている場合もありましたよ。

第一子でワンオペ育児、実家は遠方とかだと、どうしても孤独な育児を強いられているママがたくさんいると思います。

余裕ないと思いますけど、地域に目を向けて見ると、手を差し伸べてくれている行政施設は意外にたくさんあるんです。

ひとりで悩まないで!!

大丈夫!育児は母親ひとりだけでするものじゃないですよ。

では、早速ひとつずつ紹介していきますね。



規模の大きい子育て支援施設(自治体や地域によって色々な名前があります)

最初に通った施設は、子育て相談から、一時保育まで行う、大きめの施設でした。
滞在できる時間は、10時から15時まで。

遊ぶ部屋と食事できる部屋が分かれているので、食事時間は自由、しかもお金を払うとコーヒーや紅茶も自由に飲めるようにポットもおいてある、居心地の良いゆるい場所でした。
通える子はおもに未就学児で、月曜から金曜まで、例えば紙芝居の日があったり、リズム遊びの日があったり毎日なにかしら行っていて、充実した内容でした。

また、現地にでかけなくても、電話相談も1日受付けていました。

なかでも印象深いのは、かなりお年を召したおばあちゃんがボランティアとしていらしている日があって、含蓄のある深い育児の話を聞けて、感銘をうけました。

他にもおじいちゃんがいたり、色々な年齢層の方にお世話になれて素敵な場所でした。

祖父母が遠方にいる子供たちも、地域のじいじやばあばと触れ合えて、とてもよい環境だなーって思いました。

一年足らずしか通えませんでしたが、未就学児連れていく施設としてはパーフェクトであったと今も思っています。

畑で芋掘りのイベントがあったり、他のイベントではポニーも来てたようでした。

保育園

保育園では、地域の家庭を対象に会員制で行っている体験保育のようなものに通っていました。
月に数回で、時間は10時から12時まででした。

もともと、一時保育を利用しようと思って行ったのですが、たまたまこちらも紹介され、娘と通ってました。

育児相談もできるし、室内で工作など指導してもらいながら親子でやった後は、園庭で遊んで帰っていました。

地域の子育て事業を調べると、近隣の保育園でこのように園庭を開放したり、親子で保育体験をできるところもありますので、調べてみるといいと思います。

子育て広場

子育て広場は現在も通ってますが、おもに幼稚園に入る前の、0歳から3歳くらいの子が多く通う子育て支援施設です。

私の通っているところは、保育園に併設されているので、園庭でも遊べます。
月曜から金曜までで時間は10時から13時で、飲食はできません。

専任の保育士さんがいて、近所に住む方が担当することが多いので、地域のスーパーのことから学区のことなども気軽に聞けます。

幼稚園や保育園のことなども情報網があったりします。

毎回、最後に手遊びや絵本の読みきかせなどしてさよならします。
児童館よりも、気が向いた時にちょっと買い物ついでなどに気軽にいける感じがよいです。

児童館

児童館は、未就学児だけでなく小学生や中学生が来る時間もあり、未就学児のクラスの曜日や時間が決まっています。

また、食事時間や食事場所も決まっていることが多いです。
だいたい未就学児は、午前中で、午後は大きい子たちが遊びに来ます。

が、他の時間もいちゃいけないわけではないので、図書室もあるし、1日時間潰しにきても大丈夫なところもあります。

子育て広場が併設されていることもあります。

私は昼食を買って行って、昼過ぎまでいてのんびりよそのママさんたちとおしゃべりしたりするのも楽しかったです。

スタッフさんもとても親身に話聞いてくださるし、こちらも、長く通うと子供のこともおぼえてくれるし、これから小学校、中学校になっても、お世話になれそうです。

育児って母親ひとりでしなくてもいいんだなって、肩が軽くなる気持ちになれました。

幼稚園の園庭開放

幼稚園でも、子育て支援事業で親子で参加できる体操教室とか、園庭開放をしています。
興味のある幼稚園があったら、早めに色々通ってみるといいですよ。

こちらでも育児相談もできたり、少しの時間無料で保育してもらえるところもあります。

図書館

番外編です。
図書館は、子供向けに読み聞かせの日を設けているところが多いです。

そんな日に図書館にいくのも楽しいですよ。
保育士さんがいるわけではないので育児相談はできませんが、身近に図書館があったら、親子で気晴らしに行ってみてはいかがでしょうか。

イベントもやっていたりします。

以上、私が行ったことのある、子育て関係の施設などでした。
よかったら参考になさってくださいね。