団地のお庭できのこ採り


我が家の子ども達は、きのこが大好きです。食べるほうでなく、見るほうです。

きっかけは、私が先日、近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」を読んで、お気に入りでときめくものを残すためにいらないものを断捨離して人生の棚卸しをしていたところ、押入れの奥にいれていた「きのこ図鑑」がでてきまして、私は「きのこ図鑑」にときめきを感じたので、これは、是非目につくところに置いておこうとリビングの本棚に入れておいたら、子ども達がすっかり「きのこ図鑑」にはまってしまったのでした。

先日、娘を電動自転車で幼稚園に送った帰りに、団地に帰ってきて敷地内を息子と散歩していた時のことです。

この日も息子は切り株に生えているきのこをみて、

「のこのこきのこだー!」

と喜んでいました。

ちなみに、息子の言うのこのこきのこ、というのは、「おかあさんといっしょ」の歌の、「ドコノコキノコ」のこと。
子どもたちのお気に入りの歌です。

最後にかみさまがでてきたり、きのこの踊りや物語もシュールで私も大好き。

さて、切り株に生えているきのこは、わりとよく見かける平たい形のものでした。

きのこを見て喜ぶ私たちに気づいた庭の手入れ中の団地住人のおじさんが、

「きのこ好きなの?もっとたくさん生えてるよ」

と教えてくれて、しめじっぽいきのこをくれました。

団地で育児 主婦と生活 たぶん食べられなそう。
それこそきのこ図鑑で調べてみたらわかりそうです。

そして、再度息子とお庭を散策していたら、本当に生えていた!

団地で育児 主婦と生活

一応、住まいは都市部のはず。
こんな身近なところで、普通に群生するきのこに出会えるなんて!と驚きました。

写真だけ見たら、森の中の風景のようです。
切り株も太くて、団地の歴史を感じます。

団地内の敷地散策のお楽しみがひとつ増えました。




——————————————————————-

後日、ゴミの日の朝に散歩に行ったら、きのこたちは雑草扱いで刈り取られていました。
私たちにとってはおたのしみでしたが、庭にとっては雑草だったのです。
残念。でもまた生えてきたら愛でたいと思っています。

ランキング参加中です。

にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
にほんブログ村