団地の窓の結露問題、室内外の温度差に気をつけて多少改善


長い夏が終わり…やっと秋の兆しがみえてきましたね。

というか、いきなり寒くなりました。

いよいよ、団地の窓の結露の季節がやってきました。

冬の窓の結露対策の窓ふきについては以前記事にしました↓
団地の窓の結露対策。やっている事と考えた事と調べた事

そして、今年も毎朝粛々と窓を拭くことになるんだな、と思っていたのですが、今日の朝は、なぜか結露がほとんどなかった!

なぜか。



それは…おそらく部屋がそれほど暖かくなくて、外気温と室内気温の差が少なかったからではないかと。

寝室の窓は、障子がはまっている和室です。

冬になると、寝室はデロンギで適温に温め、窓は薄手のカーテンと厚めのカーテンを二重にかけて外の冷気が入ってこないように対策していたのですが、今年はまだ面倒で薄手のカーテンだけでした。

しかも、カーテンかけるのも面倒で、薄手カーテンは開けっ放し。障子のみ閉めていたのでした。
そうしたら、上記のように、窓の結露がでないという結果に。

部屋は、それでもデロンギつけていたし、外くらい寒かったわけではなかったのです。

思えば、今までUR賃貸の団地では、結露で窓が昼間も濡れていて乾かなくて窓拭きするほどではなかったのです。

冬になると朝、結露はありましたが、昼間のうちに乾く程度で気になったことはありませんでした。

分譲団地に引っ越してきてから、窓の結露がびっしょりになって毎朝の窓拭きが必要になったり、窓からの結露で壁がかびたり、結露とカビ問題が目立つようになったのでした。

いままでのUR賃貸の団地と、今の分譲団地の窓の違いは、URは普通のガラス窓でしたが、今の団地はすでにペアガラスに修繕済みなところ。

そして、我が家の事情での違いは、子供が生まれて、冬場は室内を温かくして保温することをとても気をつけて寒さ対策するようになったところでした。あと、冬場に乾燥対策に加湿器つけるようになったところ。

思い返すと、同じく分譲団地に住む友人から、壁や窓の断熱対策のリフォームをする前は結露で悩んでいなかったのに、リフォーム後に結露とカビで悩むようになったと聞いたことがありました。

いずれ、結露対策のためにも二重窓にすることも検討していたのですが…一番シンプルな結露対策の方法は、外気温と室内の温度の差を、窓の近くだけでも減らすことだと、気づきました。

これからもっと寒くなると外気温と室内温度の差がもっとでてくると思われるので、まだわかりませんが、冬場に室内を温かくしすぎないのも、結露対策に有効のようです。

あとは換気とほこり除去は引き続き気をつけていきたいところです。

追記)
この冬は加湿器を使わないようにしたら、結露は少しましでした。
今後も古い団地とうまくつきあって快適に暮らしたいと思います。2017,5,9