育児疲れ…育児ノイローゼになる前に。母業にも休日(一人時間)は必要


昨日は、朝から夕方まで、4歳、2歳のこどもたちをよそに預けて、家で1日ひとりで過ごせました。

風邪をひいていてそれが長引いていて…咳と鼻水と頭痛がひどくて、せっかくのひとり時間でしたが、つねに育児に疲れはてている私は外に出かけることもできず、家にいても何ができるわけでもなく…むしろ、家事は普段よりほったらかし。

部屋、ちらかりっぱなし。

洗濯だけはしないと困るので朝やって、あとはごろごろしたり、youtubeで、今話題らしい「漱石の妻」とかドラマ見たり(でも疲れすぎて集中力つづかないからネットサーフィンしながら…)、手持ちの漫画をぱらぱら読んだり…生産的なことは何一つしないで終わりました。

夕食も作りませんでした。

せっかく子供達を預けられても、夕食を作るとなると、夕方の4時頃から結局頭も身体もフル回転で働くことになるので…暗くなっても電気もつけずにごろごろだらだら。

母親という以前に、ダメ人間な一日を過ごしました。

散らかった部屋は、帰ってきた夫と子供達とで片付けました。

夕食は、子供達の要望で、ピザとりました。
美味しかった。



「ダメ母かも」って自分を責めてしまったけど、結果、休んでよかった

最近疲れすぎて眠れなかったんですが…昨日はすんなり眠れました。

育児でのストレス対策、以前にも書きました。
育児ノイローゼで何かやらかす前に 自分をいたわること

よその家庭はわかりませんが、最近夏休みなど、私は4歳、2歳の子供達とずっと一緒に過ごしていました。
人に預けようにも、親類も頼れないし、なかなか…。

ファミリーサポートも利用したこともありますが、子ども二人となるとまる一日だとけっこうお金かかります。

一時保育もありますが混んでいてですぐに予約とれないし、そもそも連絡して、手配して…とかそういう気力体力がなくて、ただ日々を疲れながらいらいらして過ごしていました。

今回はたまたま、夫が言いだしてくれて実現したひとりお家時間でした。

もう、疲れすぎると、休むための行動すら自分からとれないんですよね。
で、こんなぐだぐだな「母親」を休んだ日。

効果は…絶大でした!!

なんか今日、朝からすっきり目覚められたし。
なぜか、リビングの収納見直そうかな、とか、考える余裕があったり。
こども二人がいる日でしたが、昼食の献立も苦にならずにすんなり考えて作る余裕がありました。

そもそも、昨日寝られたのも大きいですね。
あとは、いまだ息子の授乳中なのですが、一日授乳しなくてエネルギーを吸い取られずに済んだというのも大きいかと思います。

子供のためにも自分のためにも意識的に育児から離れる時間大事!

とにかく、

疲れた母に一番必要なのは、頭からっぽになって、何もしないひとり時間だ!

と、気づきました。

いままでは、気分転換して子供達と離れる時間は必要だ、という意識はありました。

でも、こうやって何もしない、考えなくていい、ただそれだけの時間がどんなに大事か。

育児で、身体以前に、どれだけ脳に疲労が溜まっていたか。

頭からっぽにして脳を休ませることが、その後の判断力やパフォーマンスにどんなに影響あるかなんて、ぜんぜん考えたことありませんでした。

というか考える余裕なし。

あとは、脳が疲れると、脳がつねに臨戦態勢というか、興奮状態になって、うまく眠ることもできなくなっていたんですよね。それで、さらに疲れがたまると…。

今回、風邪で体調が著しく悪かったからこそ気付けました。

まとめ

もし、今回ほどほどの疲れだったら、ひとりになったからと、衣替えとか家事やってしまってさらにどつぼにはまっていたはず

とにかく、何もしないひとり時間、育児中で疲れたママには是非試していただきたいです。

お金だす価値おおありです。おすすめです。

旦那さんも、「たまにはひとりでどこか出かけてきたら」ではなく、本当に疲れている奥さんには、ひとりきりで家にいさせてあげる、というのを、やってあげて欲しいです。

そして、罪悪感を感じることなく、心置きなく、ひとりでぼーっとするといいと思います。

大変だけど、有限でかけがえのない育児期間、休み休み、乗り切っていきたいですね。

[PR] カレルチャペック紅茶店