チェアベルトは必要でした。リッチェルのチェアベルトがあれば外出先でも慌てない【口コミ】


出産してわかりましたが、ベビー用の椅子のない飲食店って、けっこういっぱいあります。特に、旅行などで遠出すると、子供仕様のお店が少ない場所もあったり、また子供椅子があってもベルトがなかったり。

そんな時に椅子に装着できるチェアベルトが便利でよいですよ、という話です。

娘が赤ちゃんの頃は、外出も頻繁でもなく、ベビーチェアにベルトのない飲食店での外食があまりなかったのもあり、外出用のチェアベルトは購入していませんでした。

むしろ、家で使用していたベビーチェアを持ち歩いて、テーブルに装着していました。

そして、2歳違いで息子が生まれて、娘ひとりの時よりも外出が増え、男子なこともあり突発的に動くとあぶなくて、とうとう外出用のチェアベルトを購入しました。
結果現在愛用しています。

リッチェル ポーチュ 2WAYチェアベルト

↓広げるとこんな感じ。
装着は、被ってウエスト部分をとめて、後ろの椅子の背もたれに別の紐部分で固定するようになっています。
簡単で手軽でした。

リッチェル チェアベルト

普段はコンパクトにポーチ収納になっています。

リッチェル チェアベルト

これ、ハーネスとしても使用できる2WAYタイプなのです。
まだ使用したことはないですが。
こちら、装着時もデザインがかわいいです。
使い勝手も良くて気に入っています。

今調べたら、同じリッチェルで他にも違う仕様のものを発見。
こちらはシンプルにウエストだけで止めるタイプのチェアベルト

こちらは、股を固定できるタイプのチェアベルト。ずり落ちしにくく安全面で安心ですね。
本当に男子は何するかわからないから危なくて。
今更ですが、これもよかったと思います。私が購入した時にもあったのかな?見落としていました。

子供用のグッズって、いますぐ欲しい、でも調べたり選ぶ時間がなくて、後から思うとあれもこれもあったかも!というのが多いと思いますが、また現在使用中とか過去のおきにいりなど思い出しながらアップしていきますね。