団地に似合うインテリア。OCTA(オクタ) 150間仕切りキッチンカウンター【口コミ】


私の団地のイメージは、都市でありながら緑と自然を感じる、風が吹き抜ける場所。そしてインテリアは北欧風です。

今回は、日本の古い団地と北欧のイメージに合うOCTA(オクタ)で購入したキッチンカウンターの紹介です。

よかったら、古い鉄筋コンクリート造りの空間にある北欧風家具と、居心地のよい空間をイメージしてみてください。

団地と無印良品のコラボとかも素敵。現在、少しずつ自分の手で団地の住まい作りをしています。




物件購入を決めた時、私は第2子妊娠中でした。

私の場合つわりが産むまでつづいたりして体調が悪く、団地購入が決まってからも団地のリフォームや契約などすべて夫にまかせていました。

リフォームは、前に住んでいた方(売り主さん)がきれいに住んでいらっしゃったのもあり、壁紙の張り替えと柱の塗り替え、ふすまの張り替えだけ入居前にしました。

壁はURの団地と同じような色味のアイボリー系で、柱はフローリングのリビングはアイボリー系、それ以外の3部屋の和室はオイルステンの焦げ茶色にしました。ちょっと昭和レトロというかモダンな感じで気に入ってます。

私は、新居での生活があまりイメージできず…身体も思うように動かないし、団地から団地への移動でそんなに環境も変わらなそうだし、とりあえず移動してしまってから色々考えようとほとんど何もしていませんでした。

で、入居前に唯一購入した家具がこちら。

OCTA(オクタ) 150間仕切りキッチンカウンター

我が家のリビングは、もとは6帖間ふたつとキッチンがひとつと廊下、という昔の団地の間取りを、すべてとっぱらって一部屋にしたものでした。
キッチンは側面にあり、昔はダイニングテーブルをキッチン背面においていたと思うのですが、我が家はリビングを広く使うために今のところダイニングテーブルを置く予定はないし、キッチンに物をおくところ、収納が必要と思い、これだけ購入して、入居前に設置しました。

結果、とても使い勝手がよく、リビングからキッチンも丸見えにならなくていいです。
北欧家具っぽい色合いも団地に似合っています。団地と北欧テイストって合いますよね。
同じOCTA(オクタ) のシリーズの家具も気になっています。

他の家具は子どもにどうせ汚されるしでちゃんとしたものを持っていないのですが、こちらはひとつあるだけで遊びにきた友達に、リフォームしたかと思われるくらいしっくりなじんでいました。

これから団地に住む方におすすめですよ。

これから子どもが大きくなってくるとまた生活スタイルも変わるし、団地はシンプルで合理的なつくりなので、変化にあわせて自分で中身を変えていけるのがいいですね。

オクタのカウンターではサイズ違いでこんなのも。

オクタの家具は団地の空間になじみますね。

オクタの家具など団地に似合う北欧風シンプルな家具はこちらでもお値打ちで取り扱っています。
楽天市場で扱っていない家具もあり。団地に似合うインテリアのイメージが広がります↓

激安家具通販 家具350